苞葉

カラスビシャクの仏炎苞bractあるいはbract leaf


地下部分に丸っこい白い塊茎ができ、漢方薬の半夏となる。
主婦がこれを貯めてへそくりとするのでヘソクリという別名もあるとか